ルーテル教会とは

 

ルーテル教会は、1517年にマルティン・ルターが行った宗教改革によってドイツで始まった、

プロテスタント・ルター派のキリスト教会です。

よい行いや努力をしてではなく、信じるものは誰にでも神の救いが与えられるという

「聖書のみ」「信仰のみ」「恵みのみ」―の教えを中心としています。

八尾ルーテル教会とは

 

兵庫県、大阪府、奈良県、三重県、和歌山県を中心とする

近畿福音ルーテル教会に属しています。

1951年 ノルウェー伝道会とノルウェー・ルーテル自由教会が

      近畿地方を中心に伝道を始め、
1961年 この二つの団体の働きによって生まれた、

      14教会が近畿福音ルーテル教会を結成。
1986年 八尾の地に創立しました。

正式名称は〈近畿福音ルーテル 八尾教会〉